キリスト教徒(クリスチャン)になるには?宗派の違い、洗礼のやり方について調べてみた。

芸能、スポーツ

プログラミングに限らず、文章の書き方、数学に関する書籍を出版されている作家?です。

ふと思ったのですが、自分の身内、友人にもキリスト教徒が全く居ません。(キリスト教系の学校を出た人ならいるのですが)

そもそもキリスト教徒になる人は、どうやって教徒になったのか?不思議に思ったので、キリスト教徒(クリスチャン)になる方法を調べてみました。

a0800_000621

スポンサードリンク

キリスト教徒になる条件

原則的に「信じる人ならば誰でもOK」なようです。国籍、性別、学歴、職業は関係有りません。

信じるこころが大事なのです。

 

宗派の違いは?

キリスト教には多くの宗派があります。

一例を挙げると、カトリック、プロテスタント、ロシア正教会など・・・

細かいところを上げるとキリがありませんが、大事なことは信じる心です。

 

キリスト教徒になるまでの流れ

いくつかの教会に行ってみる。

主に、日曜日に聖書の勉強会や礼拝が行われているようです。そこで牧師(神父)の方に色々と話を聞いてみるのが良いでしょう。

なお、教会によって色々な習慣や決まりごとがあり、それぞれ個性があります。「合いそうだ」と思える教会を見つけましょう。

基本的には牧師(神父)の方が貴方を導いてくれるはずです。

 

通い続けて、聖書について理解を深める。

すぐにはクリスチャンにはなれません。それなりの知識と経験が必要されます。

牧師(神父)の導きにしたがって信仰、聖書について理解を深めましょう。

 

洗礼を受けよう

キリスト教を一生信仰する覚悟が出来た上で、洗礼を受けると正式なクリスチャンになることが出来ます。

 

洗礼のやり方とは

宗派によって異なりますが、全身あるいは体の一部を水に浸すタイプ、頭の上から数滴の水を垂らすタイプなどがあります。

なお、宗派によっては洗礼ではなく、「浸礼、滴礼」といった呼び方をする場合もあるようです。

「水で体で清める」という点では、どの宗派も共通しているようです。

 

近くの教会を探すには

教会.comというサイトが便利です。 痒いところに手が届くようなサイトです。

非常に多くの教会のデータが載っています。あなたの近くの教会も必ず見つけてくれるはずです!

まとめ

まずはともかく近くの教会に行ってみましょう!

タイトルとURLをコピーしました