人件費削減とは? コツとデメリットをまとめてみた。

お金

コストの中で最も高いものが人件費と言われています。

今回は人件費の削り方について調べてみました。

 

スポンサードリンク

人件費削減とは

人件費とは従業員に関するコスト(給料、手当など)です。

人件費削減とは、従業員に関するコストを削減することを指します。

 

 

人件費の削減方法

人件費の削減方法:お金を減らす

すぐに効果が出る方法です。

  • 役員報酬を削減
  • 賞与を削減
  • 諸手当てを削減
  • 基本給を削減
  • 昇給する機会、昇給する金額を減らす
  • 退職金を減らす
  • 企業年金を減らす

なお、基本給の削減ですが法律で制限されていますので、詳細は社会保険労務士と相談することをお勧めします。

基本的には法律に制限を受けない、賞与や手当から減らすのが良いようです。

 

なお、以下の三つは「必ず支給しなければならない」という法的拘束力はないので、削減しても問題ありません。

  • 退職金
  • 賞与
  • 交通費

削るなら、これらから削りましょう。

 

 

人件費の削減方法:人数を減らす

そもそもの人数が減れば人件費は下がります。

  • 正社員、派遣、パート、アルバイトを減らす
  • 無駄な役職、役員を減らす
  • 退職を募る。

ただ、仕事の量はそのままで人数を減らしても、従業員への負担が増えるだけです。

本来必要な人まで退職してしまいがちです。

 

従業員を減らす場合は、

  • 自社でやっていた業務を、より安い外注に回す。
  • 手作業でやっていたものを自動化する
  • 既存の業務を見直して、不必要な業務は辞める

などして業務の量を減らしましょう。

 

人件費の削減方法:働く時間を減らす

そもそも働く時間を減らします。

  • 休日を増やして、出勤日を減らす。
  • 残業をさせない

働く時間を減らす場合には、必要な業務を減らすことが大事です。

従業員を減らす場合と同じようにして、業務を見直しましょう。

 

人件費を削減するデメリットは?

給与、手当を削減するデメリット

基本的に従業員のモチベーションが下がります。

同じ仕事をするなら、少しでも給与が高い同業他社に移ってしまおうと考えるのは当然です。

経営者がコストカットに敏感なように、従業員は給与に敏感です。

 

人数を減らすデメリット

従業員への負担が著しく増えることになり、過労によって業務が滞ってしまうリスクが生まれます。

ただ、業務量を減らして、人数を減らした場合にはデメリットはありません。

 

働く時間を減らすデメリット

基本的に働く時間を減らした場合のデメリットはありません。

最近では、むしろ、ある程度減らしたほうが従業員にとってモチベーションアップにつながるようです。

ただし、業務量を減らさないと残業をしてしまう人が出てしまうため、積極的に業務量は減らしましょう。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました