バッティングのスイングについて

バッティングのスイングは、ボールをやや上から下方向に叩くダウンスイングや、
ボールの軌道面に沿って水平に振るレベルスイング、さらにはボールを下から上方向に打ち上げるアッパースイングに分類されます。

このうち、日本ではこれまで「ダウンスイングが良い」という指導が多かったと思います。

理論的な裏付けとしては、ダウンスイングでボールのやや下にバットを当てれば、打球にスピンがかかり、飛距離が伸びると言われています。

また、ダウンスイングだとフライよりもゴロになりやすく、守備のレベルが低くグラウンドの整備状況も良くない少年野球の場合、セーフになりやすいということもあるでしょう。

しかし、一方でダウンスイングだとボールの軌道とスイング軌道が横切るわけですから、ボールを捉えられるのは一点ということになり、空振りしやすくなるという欠点もあります。

これに対し、レベルスイングはボールの軌道とスイング軌道が同じですから、ジャストミートしやすいスイングといえます。最近はレベルスイングが標準的になってきているのではないでしょうか。

レベルスイングでは、スイング開始直後に押し手側の肘をうまく使ってバットをボールの高さやコースにあわせて振りぬき、インパクト後は振り上げるようにフォロースルーします。

青木選手やイチロー選手など、打率の高い選手はみんなこのレベルスイングです。

ちょっと日本では想像しにくいですが、大リーグにはアッパースイングの選手もいます。マーク・マグワイアやサミー・ソーサ等、ホームランバッターに多いです。要するに、打球の打ち出し角度を高くして(さらにスピンもかけて)飛距離が稼げるということなんでしょうね。

タイトルとURLをコピーしました