バッティング・スタンス(構え)

まずバッティングでの最初のスタンス(構え)は、大体肩幅ぐらいになるように両足を開いて立ちましょう。ひざは少し曲げるようにします。

プロ野球の選手には、メチャクチャ足を広げたり、ガニ股だったりと、独特のスタンスの選手もいますが、基本的には肩幅ぐらいが一番力が出せるスタンスだと言われています。

体重は、どちらかというと足のつま先寄りに掛けます。前足のかかとは少し浮くくらいが丁度いいです。両足には均等に力がかかるようにします。要するに、身体の重心はちょうど中央あたりに置きます。膝は少し内側に絞る感じにします。

肩や腰のラインは地面と平行になるように。体が傾かないようにチェックしましょう。
この点は出来ればガラスの前に立ってチェックできたらいいですね。

目は両目を開いてピッチャーの方をしっかりみます。

バットをもった両手はキャッチャー側に引きますが、グリップは肩の高さです。この段階では脇は空いたままでよく、力をできるだけ抜いて構えます。

但し、バッティングのスタンス(構え)で一番重要なのは、自然な感じで立つ事。そして、あまり力を入れないことです。これはなぜかというと、体のどこかに力が入っていると、そこから動き出すのに時間がかかるからです。

以上が基本的なバッティング・スタンスです。最初はコレをしっかっり守って素振りなどをしてください。長く野球をやっていると、そのうち自分でしっくりいくフォームが出てくると思いますので、自分の打ちやすいフォームを探求してください。

タイトルとURLをコピーしました