テイクバック

ピッチャーが投球モーションに入ったら、それに合わせてバッターもバットを後ろに引いて、ボールを打つ体勢をとります。これがテイクバックです。

テイクバックは、重心を後ろ足に移動し、スイングの体重移動(ウエイトシフト)を開始するために重要な動作です。

構えの状態からテイクバック位置までのグリップの動きは、基本的に水平運動です。テイクバック時に高さが変わってはいけません。あくまでも肩の高さが基本です。

また、テイクバックのときに腕が伸びきってしまうと、スイング時に力が入りませんので、トップでも腕は少し曲げた状態になるようにしましょう。

テイクバックにあわせて、前足を後ろ足に引き寄せることで、重心をキャッチャーよりに移動します。

ここで注意したい点は目線がぶれるような大きな動きになってしまうことです。絶対に体が上下に動かないようにします。

テイクバックで大事なポイントの一つは、トップの形をしっかりつくること。トップとはテイクバックの終着点、つまりテイクバックから本来のスイングへと切り替わる地点をいいますが、このトップがバラバラだと、バッティング・スイングもバラバラになるんです。

トップを固める方法としては、トップまでバットを引いた状態からボールを上から落としてもらって打つ練習をします。

また、プロ野球選手などは歩きながらトップを意識しつつ素振りやトスバッティングをしているそうです。

テイクバックで大事なもう一つのポイントは、そのタイミングです。

正しいテイクバックのタイミングの目安は、一般にはピッチャーが足を上げてタメをつくる時といわれますが、個人の打ち方や対戦相手であるピッチャーにより多少異なりますし、ピッチャーがワザとずらしてくることもあります。

なのである意味なかなかタイミングをとるのは難しく、個人にまかせることも多いわけですが、ピッチャーが投球動作に入って球をリリースする時に、慌ててバットを引いてテイクバックに入ってるようでは、振り遅れてしまいますので、ある程度は指導も必要です。

タイトルとURLをコピーしました