ステップ

日本の典型的なバッティングフォームでは、テイクバックと同時にピッチャー側の足をあげ、その状態からピッチャー側の足をステップしてスイングを開始します。

ステップはホームプレートと平行に、ピッチャー方向へまっすぐに踏み出します。この足が左に開いたり右にかぶったりすると、思ったところにボールが飛ばなかったり、スムーズなスイングができなかったりします。

もちろん、インコースやアウトコースのボールを打つためにステップの位置を変えることはありますが、それは基本ができてからの話です。

また、ステップで踏み込む足は、親指の付け根で着地します。こうしないとしっかり力が入りません。ヘタをすると足を怪我するかもしれません。

ステップする歩幅はどのくらいが良いのでしょう?

ステップが大きいと、それだけ体重移動の距離が大きくなるので、ボールに力をあたえ、飛距離も伸びます。

しかし、反面、体の軸がそれだけ動くわけですし、踏み込んだ位置のズレや体の上下などの誤差が生じる可能性も出てくるわけですから、ミートできる可能性は下がります。

それに、大きく踏み込む事は身体にも負担になりますので、足腰がしっかりしてないと適しません。

そういった点を考えて、ご自身の現状や、どんな風になりたいのかを考えてステップを選べばよいと思います。

ちなみに、ステップの幅を少なくする人は、その分、構えの際のスタンスも広げた方がいいと思います。海外ではノースタンスでバッティングする打者も少なくないですね(日本でもオリックスのT-岡田選手などはノースタンスです)

タイトルとURLをコピーしました