バッティングの基本的な構えのポイント

●バッティングの基本的な構えのポイント

ある程度、自分のカタチができている人は、いいでしょうが、
それ以外の人はまず基本に忠実に行うことが、上達への
早道です

大原則はリラックスと柔軟性と安定感です。
これができていないようだと、身体の姿勢のどこかに無理や
ゆがみがあると思ったほうがいいでしょう。

◆スタンス:両足は肩幅より少し広くし、左右均等に体重を
かけましょう

これにより、ステップ(ピッチャー側の足をピッチャーの方へ
踏み出す)する時に安定感が出ます。
つまり、パワーがうまく伝えることができます

スタンスが狭いと:ステップする時、足の踏み出し幅が
大きくなるので、パワーは出やすくなります。
その反面、動きが大きいため、動きにバラツキが出やすく
なります

スタンスが広いと:ステップする時、足の踏み出し幅が小さいので、
安定感は大きいです。その反面、動きが小さいのでパワーが
出にくいです

◆バット(グリップ)の位置:胸より高い位置にしましょう
これにより、テイクバック(構えの姿勢から腰をひねって体に
パワーを溜める動作)がスムーズにできます。

グリップの位置があまり動きません
グリップの位置が胸より低い位置にあると、テイクバックする時に
腕を大きく動かす必要があります。
つまり、振り遅れる可能性が大きくなります

バットの先端の位置(トップ)は、身体の軸の延長線上が目安です。
トップの位置が前(ピッチャー側)に傾きすぎると、スイングが
遅れ気味になります。

タイトルとURLをコピーしました