2021-01

バット

構えの種類

バッティングの構え方での共通点とは、リラックスです。 脇は拳一個分くらいの余裕をとり、リラックスして構えられるか否かのよって、自分の自由なフォームつくりができるかどうかの柔軟性にも関わりがでます。 膝は、曲げたときの頭が...
バット

バッティングの基本

何事にも言えることですが、”基本”が大切です。 バッティングも同様、始めるとき、またスランプに陥ったときに、どのように立ち直るかなどの思索が大切となるのです。 基本ができていれば自分のバッテイングフォームも定まることでし...
バット

ステップ

日本の典型的なバッティングフォームでは、テイクバックと同時にピッチャー側の足をあげ、その状態からピッチャー側の足をステップしてスイングを開始します。 ステップはホームプレートと平行に、ピッチャー方向へまっすぐに踏み出します。この足が左...
バット

テイクバック

ピッチャーが投球モーションに入ったら、それに合わせてバッターもバットを後ろに引いて、ボールを打つ体勢をとります。これがテイクバックです。 テイクバックは、重心を後ろ足に移動し、スイングの体重移動(ウエイトシフト)を開始するために重要な...
バット

バッティング・スタンス(構え)

まずバッティングでの最初のスタンス(構え)は、大体肩幅ぐらいになるように両足を開いて立ちましょう。ひざは少し曲げるようにします。 プロ野球の選手には、メチャクチャ足を広げたり、ガニ股だったりと、独特のスタンスの選手もいますが、基本的に...
バット

バッティングのスイングについて

バッティングのスイングは、ボールをやや上から下方向に叩くダウンスイングや、 ボールの軌道面に沿って水平に振るレベルスイング、さらにはボールを下から上方向に打ち上げるアッパースイングに分類されます。 このうち、日本ではこれまで「ダウン...
バット

バッティング理論について

バッティングといっても、実はいろんな打ち方があります。 大リーグを見ていると、バッターのバッティングフォームはかなりバラバラで面白いですよね。日本でも昔で言えば八重樫とか梨田選手みたいな変わったフォームのバッターがいました。 体...
タイトルとURLをコピーしました